そこは神が創造した場所。フィリピン最後の秘境「エルニド」は想像を超える美しさ

そこは神が創造した場所。フィリピン最後の秘境「エルニド」は想像を超える美しさ

みなさんは東南アジアのフィリピンにある「エルニド」という場所をご存知ですか・そこは神が創造したとさえ言われている、フィリピン最後の秘境だったのです。今回はそんな謎めいた場所「エルニド」についてご紹介。

リゾート地としても人気の「フィリピン」

東南アジアの島国「フィリピン」。海が綺麗で暖かく、加えて比較的物価も安いことから、ビーチリゾート地としても人気の場所です。
またここフィリピンは、最近では安い料金で流暢な英語を学べることから、語学留学の地としても注目を集めています。

フィリピンの人気ビーチスポットといえば?

そんなフィリピンは、前述にもある通り“ビーチリゾート地”としても人気の場所。フィリピンの有名なビーチリゾート地といえば、おなじみ「セブ島」や「ボラカイ島」などが挙げられます。
しかし!今回筆者が紹介したいのは、「セブ島」でも「ボラカイ島」でもありません。そこは、“フィリピン最後の秘境”と言われる場所。一体、どんな場所なのでしょうか。

フィリピン最後の秘境「エルニド」とは

今回紹介するのは、“フィリピン最後の秘境”と言われている「エルニド」。みなさんはこの地の名前を聞いたことがありますか?

エルニド(El Nido)

「エルニド」はパラワン諸島の北部に位置し、環境保護区にも指定されている有名な観光地。
名前こそ多くの人に知られていますが、人気リゾートとは異なり、一般の交通手段がない場所にあるため訪れる観光客も少なく、アクセスはホテル専用機しかない場所です。
7000を数えるフィリピンの島々の中でも、秘境中の秘境といわれるのがこの「エルニド」。
17世紀にこの地に足を踏み入れたスペイン人たちも、その光景に手を触れることさえためらい、「エルニド(海燕の巣)」という名前だけを残して、静かに立ち去ったと伝えられている、まさに秘境中の秘境なのです!

あまりにも美しすぎる海に、ただただ息を呑む。

ここ「エルニド」の海は、透き通ったエメラルドグリーン。岩山は多くが大理石で、美しい海に数多くの島が連なっています。
また「エルニド」は、フィリピンでも最も豊かな生態系を持つと言われています。熱帯のカラフルな魚を多く含む200種の魚、100種もの珊瑚、海ガメ、マンタ、ジンベイなどが見られる透明度抜群の海なのだそう。
映画「グラン・ブルー」で有名な伝説のダイバー「ジャック・マイヨール」もエルニドに魅せられた一人。観光客が少なく、静かでゆったり休むことにはぴったりの場所なのです。
「エルニド」のリゾートは何と言っても1島1リゾートホテル。フィリピン最大の秘境であり豪華リゾート地でもあるのだとか。隠れ家的なリゾートを求める観光客にはもってこいの場所です。
治安も心配ご無用。島内にはホテルスタッフと宿泊客しかいないのだそう。
美しい海しかないけれども、だからこそ静かで穏やかな時間を楽しめる場所。その場所こそがこの「エルニド」なのです。

次のフィリピン旅は「エルニド」へ!

いかがでしたか?東南アジアのフィリピンには、あなたの想像の斜め上をいく、美しい絶景がまだまだあったのです。是非一度、今回紹介したフィリピン最後の秘境「エルニド」へ行ってみてくださいね!

アクセス

マニラからは国内線でエルニド空港またはプエルトプリンセサ空港へ。その後エルニド・バスターミナルへ向かい、トライシクルでエルニドの街へ。
出典:RETRIP
https://retrip.jp/articles/29656/

この記事をみんなにお知らせ