【怪奇】UFOが牛を誘拐?新たなるキャトルミューティレーションの画像が公開される。

c1ae15a0
0_e

ネット上に奇妙な画像が投稿されて波紋を呼んでいる。牛の脚すべてに紐のようなものがつけられ、まぶしい光の元へと吸い寄せられている瞬間をとらえたものだ。

海外UFO情報収集系サイト、ufosightingsdailyでは、この画像の投稿者を探し,ており、情報提供を呼び掛けている。

キャトルミューティレーションとは、家畜(主に牛)の死体の一部が切り取られ、血液がすっかりなくなり干からびた状態で発見されるという奇妙な現象のことで、現場では怪しい光や未確認飛行物体を見たという目撃証言が多発していることから、宇宙人に連れ去られ、実験媒体として使われた果てに投げ捨てられたのでは?と考えるものも多い。いわゆる都市伝説の類なのだが・・・

1_e0 0_e

既に1960年代からアメリカを中心にこの現象が確認されており、何度か調査実験が行われている。その結果、これらの変死体は、コヨーテや野犬、猛禽類などが捕食した後である可能性が高いという。

体の一部が切り取られていた理由は、その部位が柔らかいからで、血が一滴も無くなっていたのは、死体の血が重力での影響で下に降り、地面に吸収された為だ。ではなぜ現場で怪しい光を目撃するものが多いのだろう?というか本当に怪しい光を見たのだろうか?

まだまだこの都市伝説を信じる者は世界に多数存在する。

そのたびに引き合いに出されるのが、日本の円谷プロダクションが2008年に発売した怪奇生物の世界DVDの「怪奇ミイラ牛」のワンシーンである。YOUTUBEで焼き回しされそれっぽく伝えられている。


怪奇生物の世界 「怪奇ミイラ牛」 Bizalle Creatures of Japan “Bloodless Bovin

出典:カラパイア
c1ae15a0

この記事をみんなにお知らせ