なぜ!? 大人になると友達を作りにくいのか?

00_m

The Wall Street Journalのエリザベス・バーンスタインさんは、「友達」に関する科学的な調査の例を挙げながら、人生における友達の大切さを指摘しています。それと同時に、大人になってからの友達作りの難しさとその原因について考察してます。

The Science of Making Friends – WSJ
http://www.wsj.com/articles/the-science-of-making-friends-1460992572

近年、友達との関係が生活の質に大きく影響を与えることが指摘されています。なお、ここで言う「友達」とは、Facebookで「いいね」をつけてくれたり、Twitterでリツイートしてくれるような知人・友人のことを言うのではなく、現実生活で楽しい時間を共有したり、悩みを打ち明けたりできる親しい友人を指しています。

これまでにも固い絆で結ばれた友達を持つ人ほど健康で長生きしやすいことが分かっていましたが、友情を育むことは血圧を下げ、ストレスを減らしてうつ病のリスクを低減することが分かっているそうです。

また、2016年2月にイギリスの心理学会で発表された研究では、1万5000人からアンケート調査を行ったところ、親しい友達を持ち、より親密な社会的つながりのある人ほど幸せを感じていることが分かったとのこと。肉体面だけでなく精神面でも友達との関係の重要性が見直されています。

健康を保ち、幸福感を与えてくれる友達ですが、学校を卒業すると次第にその数が減っていくことのが一般的です。卒業だけでなく、結婚、離婚、転職などの人生のイベントを経るに従って、一人、また一人と自然に友達との付き合いが失われてしまうものです。この状況をニューヨーク大学医学部のアイリーン・レバイン教授は「人は常に友達を失い続けている」と表現しています。レバイン教授はその理由を、人はそれぞれの方向で成長していくもので、成長に従って他人との共通点が少なくなることが原因だと説明してます。

大人になると少なからず失ってしまう友達ですが、皮肉なことに新しい友達を作ることは時間と共に難しくなります。子どもが公園で知らない子どもと知り合って、一緒に遊び、友達になるのに難しい理屈はいりません。しかし、大人になるとこのようなことはほぼ不可能。学校という空間は、ゆっくりと自然に親密さを生み出してくれる着実なルーチンを提供してくれる友達育成の場であり、大人になると同じような興味や感じ方をする他人を見つける場は少なく、さらにその場に身を置くだけの時間的余裕が失われてしまうもの。失いやすい友達は、同時に得がたい存在でもあるので、必然的にどんどん数が減ってしまうのは当然というわけです。

By Ahsan Saeed

そんな現実に打ち勝って、大人になってから友達を作ろうとすると、まずは心理的な難題が生じるとのこと。レバイン教授は「大人になってから友達を作ろうとすると、まず意識せざるを得ないのが『友達が少ないことは問題だ』とか『もっともっと友達を作らなければ』という”不名誉な事実”です」と述べています。友達が多いことが良いならば、その反対の友達が少ないことは悪いことだということになりかねず、友達が少ないことに対する罪悪感から無用な強迫観念にとらわれるようです。

しかし、レバイン教授によると友達がまったくいない人はいないそうで、この「友達がいない」という誤解は女性に多いとのこと。たいていの場合は、あまりにも理想的な友人関係を思い描いて追い求めているに過ぎないそうです。

他方で女性は他人とつながることで心地よさを感じやすいのに対して、男性はそうではないため、女性に比べると男性の方が大人になってからの友達作りが難しいという指摘もあります。マリーランド大学のジェフリー・グリーフ教授は、「男性の場合、友達になれるかもしれない男性に近づくことは、他人からホモセクシャルと誤解されるという懸念があります。男性は傷つきたくないものなのです」と述べ、大人になってから男性が友達づくりをやりにくい一因を挙げています。

大人になってからの友達作りがこのように難しいことを考えると、なるべく学生時代から友達を作っておき、大人になってからも良好な関係を維持することが最も簡単なのかもしれません。

By National Park Service

ちなみに、前述のイギリスの心理学会が発表した、「親しい友達がいるほど幸福度が高い」という結果には、大きな例外があり、それは知能指数が高い人だとのこと。知能指数が高い人は親しい友達と時間を費やすことで満足感を得にくいことが分かったとのこと。心理学者はなぜ知能指数が高い場合に友達を持つことのメリットがなくなりやすいのかについて、長期的に解明する予定だそうです。

出典:GIGAZINE

00_m

この記事をみんなにお知らせ