【SF時代】死者の脳を再び蘇らせるプロジェクトが開始される!(米・印研究)

0d5c1f99
5_e45

死者の脳を再生することが可能であるか確かめる常識を揺るがす試験に認可が下りたそうだ。これによってアメリカのバイオテクノロジー企業バイオクオーク社は、脳を蘇生できるかどうか実験を行うために、脳の外傷によって臨床的に死亡を診断された20名を募集できるようになった。

臨床試験の被験者となるのは、脳死を診断され、生命維持装置によってどうにか生きている患者たちだ。

実験では、脳に幹細胞や各種ペプチドを注入し、昏睡状態となった患者を起こすため使用されるレーザーや神経刺激法を行うといった複合的な蘇生法が行われる。その間、脳撮像装置によって数ヶ月間モニターし、脳幹の末端にあり自律的な呼吸や心拍を司る上部脊髄をはじめとする部位で蘇生のサインが現れないか観察する。

研究チームによれば、脳幹細胞なら周囲の組織を利用してそれまでの経過を癒し、復活させることが可能かもしれないという。これは手足を再生させるサンショウウオなどの自然界の動物に見られるのと同じプロセスである。

1_e58

ReAnimaプロジェクトはアメリカとインドの治験審査委員会から認可を得たばかりで、被験者の募集はこれからだ。”史上初ヒト神経再生および神経蘇生”と命名された第一段階は、非無作為的な手法を用いた概念実証過程で、インド、ウッタラーカンド州ルドラプールにあるアヌパム病院で実施される。施術期間は6週間で、被験者はポンプを通じて脊椎に毎日ペプチドおよび隔週で幹細胞が投与されることになる。

脳幹死は脳幹の機能が完全に失われた状況を指し、意識を保つことも、呼吸する機能も消失する。こうなれば死亡したとみなされる。

しかし脳死状態の人間は医学的には生きていないのだが、体には血液が巡り、食べ物を消化することも、排泄することもできる。ホルモン分泌も調整されており、成長し、性的に成熟し、傷も治癒し、妊娠して出産することすら可能だ。また最近の研究によれば、脳細胞が死んだ後も、全身を機能させるには足りないとはいえ電気的活動や血液の循環が残っているようだ。

0_e56

人間には中央神経系を再生する力はないが、両生類や一部の魚類は致命的な傷を受けた脳を修復し、再生することができる。しかしこれまでの研究からは、人間の脳と神経系はそれまで想定されていた以上に修復することが難しい可能性も示されている。

今回の試験を通じて、人間の脳死に関する重要な洞察を得ることができるだろう。バイオクオーク社のCEOイラ・パスター氏は、将来的には患者を完全に蘇生できるようになることを目指していると説明している。

via:telegraphpopsciなど。/ translated & edited by hiroching

出典:カラパイア
0d5c1f99

この記事をみんなにお知らせ